クルー タクシー フロント廻り修理



損傷箇所を取り外し不具合をチェックします。
次に車体を固定し修正します。

ここで正確に修正しないと
ボンネット フェンダー ヘッドライト バンパーの
すきまがきれいにでません。

専用の測定器具を使って
ミリ単位で修正します。



ラジエータサポートを取り外し交換します。
ここは、スポット溶接機を使います。

パネルが合わさる部分は錆が発生しないように
スポットシーラーを塗布します。



交換したパネルを塗装します。



順番に組み上げます。

エンジン廻りは、自動車2級整備士が
配線の断線を確認修正し組み付けます。



すきまもきれいに出ています。

きれいにバフで磨いて完成です。