クラウンコンフォートのタクシー 右リヤフェンダーの修理



ホイールハウス部分の角がかなりへこんでいるため
切開して板金します。
この時、ドアとのライン出しが重要になります。

切開した内部は錆が発生しないように
スポットシーラーを塗布します。



リヤフェンダーは、モール部分がかなり押されており
上部まで歪みがきています。
ここをきれいにハンマーでならしていきます。



パテが、なるべく厚くならないように
板金することが重要です。

板金パテ→ポリパテ→サフェーサー→塗装の順番で
仕上げていきます。



塗装後、赤外線ヒーターで乾燥させます。



営業車ということで、一日仕上げで修理しました。

右リヤドア リヤバンパーは、修理、塗装しておいた
パーツと交換しました。

完成です。